事業報告2018‎ > ‎

3月例会 第8回 感謝の手紙コンクール

2018/04/20 4:56 に 鹿沼青年会議所社団法人 が投稿   [ 2018/04/20 5:11 に更新しました ]

2018年3月4日()3月例会「感謝の手紙コンクール」を開催いたしました。

本業はJCでは数少ない毎年行われている継続事業で、今年で第8回目となります。
今年も前年度と同じく、鹿沼市民文化センター小ホールでの開催となりました。


主催者代表挨拶 (一社)鹿沼青年会議所 理事長 湯澤 真人 君


後援代表挨拶 鹿沼市長 佐藤 信 様


本事業実行責任者 次代を繋ぐこども委員会 委員長 福富 康太 君            審査員の皆様              



いよいよ手紙の朗読が始まります。

市内の小学6年生約720名から応募いただき、一次選考にて入選した30名の児童が舞台に上がり朗読を行いました。


それぞれ異なる、思い思いの「感謝の手紙」を読む姿に、会場は温かい気持ちに包まれていました。

(残念ながら当日欠席となってしまった児童のお手紙は、スタッフにて代読させていただきました。)


                  特選5名、入選25名が表彰されました。おめでとうございます!


総評 教育委員会 学校教育課 指導主事 増田 美紀子 様

総評を賜り、誠にありがとうございました。


                   謝辞 (一社)鹿沼青年会議所 副理事長 石川 大悟 君



本事業は継続事業として毎年行われておりますが、感謝を形にし伝えることの大切さを毎回実感します。

ご参加いただいた皆様や、鹿沼ケーブルテレビにて視聴いただいた皆様にも、子供達の感謝の手紙を聴くことにより、
言葉にして相手に伝える素晴らしさや、他人を思いやる豊かな心を感じてもらえれば幸いです。

最後に、児童の皆様、そして当日後来場いただきました皆様、後援団体各位に厚く御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。




Comments