理事長所信


スローガン

2019年度事業計画 基本理念

「自らの地域に対し、熱い想いと当事者意識をもち、より良いまちに変革しよう。」

基本方針

・全メンバーでの会員拡大活動

・栃木ブロック協議会との連携

・市民主役のまちづくり

・感謝と挑戦する意思を育む青少年育成


・創造性あふれた人材の育成

・仲間との深い絆の形成

・敬意と感謝ある交流

・市民へのPRと強い組織力の構築

理事長所信

はじめに

「明るい豊かな社会」の創造とは、地域に住む一人ひとりが当事者意識を持ち、主体的によりよい社会に変革していく事だと考えます。私たちの地域でも、多くの課題と向き合っていかなければなりません。他人事として捉えてしまう地域課題に対し、自分自身の課題として捉え、行動を起こす事で未来が開けます。そして、そうした同じ志をもった仲間を多くつくり、目的意識をもって行動することで、その地域は活気にあふれたまちになります。私は、次世代に魅力あふれた明るいまちを残したいと思います。また、その役割は、そこに住む青年世代の責務でもあると考えます。だからこそ、我々メンバーは、「奉仕」「修練」「友情」のJC三信条のもと自らが率先して行動し、地域の未来の為に、JC運動に邁進していく必要があります。

「全メンバーでの会員拡大活動」

JC運動の最大の活動は、会員拡大活動にあると考えます。まちづくりに対し高い理念があっても行動する人材がいなければ、意味が無いからです。JC活動の基盤は会員であり、会員減少は青年会議所運動の衰退になります。明るい豊かな社会の実現の為にも一人でも多く青年を巻き込むことで、JC運動の推進力が増します。会員拡大にあたっては、鹿沼青年会議所が重要な活動と位置づけ「会員拡大」を全メンバーで取り組みます。まずは、在籍メンバーが「会員拡大」する意味を正確に理解し、JCに所属していることのメリットを再認識する必要性があります。その認識がもてれば、全メンバー一人ひとりが自らJCの魅力を発信できる拡大ができると確信しております。

「栃木ブロック協議会との連携」

今年度は、鹿沼青年会議所として、12年ぶりに栃木ブロック協議会会長を輩出する事になりました。ブロック事業への参加、出向者へのサポートを通じ、鹿沼青年会議所をさらに成長させる機会でもあります。さらに、当LOM以外の仲間とも交流が行い易く、広い繋がりがある組織の構築もできます。例年以上に、栃木ブロック協議会と密に連携がとれる体制を創り、積極的な人材支援を行うことで栃木ブロック協議会を盛上げていきましょう。

「市民主役のまちづくり」

地方分権の進展により画一的なまちづくりではなく、地域それぞれの事情や特性にあわせ、地域の特性を活かしたまちづくりに取り組むことができるようになりました。その為、「自分たちのまちは自分たちでつくる」という考えのもと、市民が地域社会の核として、主体的にまちづくりすることを重要視されています。しかし、現状は、市民のまちづくりに対する意識はあっても、参加を主とした関わり方が多く、参画する機会が少ないのではないでしょうか。そこで、鹿沼青年会議所が今まで培ってきたまちづくりの知識や経験を活かし、地域の人たちが主体的に関わるきっかけを創出します。「市民参加型のまちづくり」から「市民主体のまちづくり」の考えを基に、一体感を共有できる事業を展開します。みんなの力で、鹿沼という地域を価値ある場所に変えていきましょう。

「感謝と挑戦する意思を育む青少年育成」

この地域が健全な社会であり、発展し続けるためには、次世代を担うこどもたちを育成していくことも重要です。健全な社会とは、他者への思いやりのもてる人が溢れた社会です。鹿沼青年会議所では、未来を担うこどもたちを対象に、「感謝の気持ち」を育むことを目的とした事業を行ってきました。今後この事業内容を多くの人に普及させ、この事業の価値をより多くの方に感じていただきたいと考えます。

情報化の進展により、近年のこどもたちは、多くの情報に囲まれた環境にいるため、世の中についての知識は増えているものの、その知識は断片的で受け身的なものが多く、学びに対する意欲や課題に対する挑戦心が低い傾向があります。社会構造の変化からも、今後の社会を担うこどもたちは、新たな課題と立ち向かわなければなりません。その課題に対し、受動的ではなく、自らの手で自らの未来を切り開こうという意思が必要です。地域の宝であるこどもたちの為に、自立心向上と挑戦意欲を抱く事を目的とした事業を展開します。彼らの明るい未来を共に創造しましょう。

「創造性あふれた人材の育成」

青年経済人である我々自身の成長も、より良い社会を築きあげる為に必要な事です。JC活動は、地域課題から目的を明確にし、運動を展開していきます。この経験をすることで、課題を自分事とし、目的意識をもった行動ができるようになります。それこそが、自己成長を可能にします。その成長を促す為にも、JC活動自体の内容を改めて再認識することが必要であると考えます。

社会は刻々と変化していきます。社会が変われば、従来の考え方、価値観では、対応できなくなります。これは、仕事でも言える事です。我々が青年経済人であれば、その変化に対応する為、新しい価値を常に創造していかなくてはなりません。どんな状況でも前向き思考で対応できる創造性あふれた能力が必要です。我々の自己成長の場では、前向きに変化を創り出せる事を目的とした人材育成を行います。JAYCEEとして、様々な状況でも創造力を存分に発揮し、ポジティブな思考で行動ができるように成長しましょう。

「仲間との深い絆」

一人ではできないことも、多くの力が結集すれば必ず目標を達成することができます。我々の活動をより大きく、質の高いものにしていくには、志しを同じくする仲間と強い絆が必要です。仲間同士の切磋琢磨によっては、自己成長の場も与えられます。その為にも、信頼できる仲間づくりを促進させる交流機会を提供し、JC活動を強固なものとします。

「敬意と感謝ある交流」

我々のJC運動や活動の支えとなっているのは、青年会議所先輩やメンバーの家族、会社社員の方々です。先輩方には、鹿沼JCは半世紀以上の歴史があり、今までの青年会議所の先輩の皆様が脈々と続けられた運動が礎となっています。現役メンバーは、先輩方に学ぶ事が多くあります。敬意ある交流を行う事で、JCの本質を見出し、青年会議所の精神を引き継いでいきます。そして、メンバー家族は、JC活動を理解しながら、自身の成長の為に見守ってくれています。日頃のJC活動ができるのは、そうした支えがあるからです。メンバーの家族には、成長を見てもらうとともに、感謝の気持ちを示した交流を行います。

「市民へのPRと強い組織力の構築」

地域の方々に、我々の運動を広く周知し、理解と賛同へつなげる事で、より効果的なJC運動が展開できます。その為にも市民に理解しやすく、親しみやすいPR活動が必要であると考えます。市民とより良い関係が築けるよう、我々の運動がブランドとなるような情報発信を展開していきます。

また、JCは組織で活動します。皆が同じ方向を向き、皆の力が合わさったときに強い力となります。強い組織である為には、最初に規律ある組織運営行う事が重要です。今までの運営方法や方針をしっかり継承し、定款規程に基づいた運営を行いましょう。

むすびに

まちに対する、熱い想いがまちづくりの根源です。人の想いが変われば、意識が変わる、意識が変われば、行動が変わります。まずは、地域のリーダーになる青年世代の我々が、明るい未来の為、使命感と責任を自覚し、挑戦をしていきましょう。自らが行動することで周りの人々に共感を与え、多くの力が結集すれば大きな力となます。誰かがやってくれるものでなく、自らが率先してやらなければ、何も変わりません。未来の地域の為、限られた時間の中、気概と覚悟をもって挑戦をしていきましょう。